ぴえん系女子を使った記録的なゲーム

「ぴえん系女子」「東横キッズ」「自殺文化」「新世代ホスト」「SNS洗脳」は歌舞伎町で生まれた ……。なぜ未成年者はこんなにも深い闇に落ちてしまうのか?
ホストクラブはもはや接客を楽しむ場所ではなく、推しの記録を伸ばし、歌舞伎町の記録を塗り替えるゲームである。
2021年にはおそらく歌舞伎町史上初の4億円プレイヤーが誕生する(4億円プレイヤーをはるかに超える5億2千万円プレイヤーが誕生する。)が、売上以上に目立つのが「指名数」の評価システムとそれに伴う記録である。

 ホストクラブの月間記録は、主に「売上数」と「指名数」に分けられる。
売上数は文字通り、その月にどれだけの売上があったかを示し、指名数はカップリング数 25営業日全てに来店する1人のお客様、つまり25ナンバーのお客様。月1回来店するお客様25名、または25ナンバー。
25営業日ごとに25人のお客様が来店される場合、25番となります。
バックヤードと呼ばれる事務スペースには、現在の売り上げや本数のランキングが常に掲示され、ホストの競争心を煽る。

 20時から25時までの5時間営業で、1日10人のお客様を呼ぶと、単純計算で1人当たり30分の接客時間となる。
ヘルプやイニシャルの時間を除くと、15分から20分程度の接客時間しかないことになる。
しかし、今の歌舞伎町には、400人、600人、700人の指名記録を達成したホストがいる。
700件といえば、25営業日、1日あたり28件の予約が入る計算になる。
どうやっているのだろう?
ホストは稼げる?給料や売れるホストと売れないホストの違い