ウェンディーズは「いま」どうなっているのか わずか1店舗からの“ウルトラC”!?

赤い髪色に三つ編みの少女が笑っている–。これは、アメリカでよく見かけるハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」である。このハンバーガーの特徴は、バンズが円形ではなく楕円形であることと、パティが長方形であることである。
[四角いパティなど(12枚入り)】
 以前、一度食べた記憶があります。日本から撤退したのでは?と思うかもしれないが、いや、数年前にファーストキッチンとコラボしていたような気がする。同社はバブル期に店舗を拡大したものの、その後日本から撤退。日本再上陸後はパッとしないスタートだったが、ファストキッチンとのコラボレーションで店舗数を増やし、現在は都市部を中心に53店舗(7月末時点)を展開している。
 ウェンディーズは、米国生まれのハンバーガーチェーンで、現在31カ国で6828店舗を展開しています(2021年1月現在)。米国では、ウェンディーズはバーガーキングとマクドナルドに次ぐ2位争いをするほどの規模を誇っています。日本でのウェンディーズ1号店は1980年にオープンした。
 日本には1980年に初上陸した。ダイエーと提携し、事業拡大に意欲を燃やし、1990年代末には日本国内で100店舗以上を展開した。しかし、その先に待っていたのは、バブル経済の崩壊であった。2002年、ダイエーが経営危機に陥り、「すき家」を運営するゼンショーホールディングスが経営権を握った。将来のビジョンとして「すき家の復活」を掲げたが、思うようにはいかず、全国に71店舗を展開した2009年、日本からの撤退を決定した。
 その時のことは、うっすらと覚えている。マクドナルドが平日「65円」(2000年当時)でハンバーガーを販売し、店舗数をどんどん増やしていた。ランチセットを買うために多くの人が並んでいる中、ウェンディーズの店内にはあまりお客さんがいない。不思議に思ったのは、”大丈夫かな?”ということ。と思っていたら、日本から “さようなら “と言っているのだそうだ。