ウクライナ戦争「アフガン侵攻の10年間」に匹敵する損害!?

 日米と対峙する東部軍管区の部隊までウクライナに派遣した結果、東部地域の戦力も弱まり、ロシア空軍は日本周辺空域で中国軍に共同飛行を要請するなど、はったりをかけざるを得ないと見られている。極東ロシア軍は日本の安全保障にとって脅威であるが、その戦力は足元でやや低下している。
 ロシア軍は多数の死者を出していることも知られている。欧米の国防関係者の分析によると、開戦からわずか3週間で2,000〜6,000人の兵士が死亡した可能性があるという。通常の戦闘では、死者の3〜4倍の負傷者や捕虜がいるとされるので、この数字に当てはめると、少なくとも1万人近くが戦闘で失われた可能性がある。
 この数字は、ウクライナ兵の死傷者数よりも多いのではないだろうか。侵攻後すぐにシリアなどで傭兵を募集したのも、これらの部隊の深刻な消耗を補うためであった。
 NATOの分析では、ロシア軍の死者数は開戦1カ月で7000~1万5000人に達したという。この数字がどれほど正確かはともかく、最大1万5千人とすれば、1979年末の旧ソ連によるアフガニスタン侵攻時の兵士の死者数に匹敵する。ただし、アフガン侵攻の場合、この数字は1989年に撤退が完了するまでの10年間のものである。それが1カ月で失われるとしたら、ロシア軍の受けたダメージがいかに大きいかがわかるだろう。
■最大の敵であるNATO軍と戦う余裕はない。
 必然的に、兵器の被害も大きくなっている。米国防総省の分析によると、5月末時点でロシア軍は戦車1000両、大砲350基以上、戦闘機30〜40機、ヘリコプター50機などを失ったという。
 一方、ウクライナの被害はどうだろうか。ロシア軍によると、4月16日の時点で、2万3千人以上のウクライナ兵を殺害したという。しかし、ほぼ同時期にウクライナのゼレンスキー大統領は、死亡した兵士の数は2,500〜3,000人であると述べている。その差は10倍近くあるので、どちらが正しくて、どちらが嘘なのか判断がつきません。実際、この2つの数字の中間くらいなのかもしれない。
 しかし、ドンバス地方東部で激しい戦闘が始まった5月、ゼレンスキー大統領は「1日あたり50〜100人の兵士が死んでいる」と発言した。そして6月上旬には、100~200人とも言っていた。実際よりも少ない数を報告している可能性もあるが、仮に200人の兵士が死亡したとすると、約600人の兵士が負傷するなどして戦闘不能となり、ウクライナ側はわずか2~3日で1000人を大きく上回る兵士を失ったことになる。
 いずれにせよ、ロシア軍も最大の敵と想定していたNATO軍との戦闘を前に大きな打撃を受けた。