ミンティアも値上げへ!止まらない家計圧迫!今後もこの流れは続くのか?

こんにちは。
今日も値上げのニュースです。
アサヒグループ食品は、「ミンティア」「三ツ矢サイダーキャンディ」「1本満足バー」など、菓子・健康食品198品を10月1日出荷分から値上げすると発表しました。
「ミンティア ワイルド&クール」(50個入り)の希望小売価格を100円から110円(税別)に、「三ツ矢サイダーキャンディー」(112g)を160円から170円(税別)に値上げしました。
三ツ矢サイダーは1996年の発売以来、初めての値上げとなります。
このほか、和光堂は11月1日出荷分からベビー関連商品、サプリメントなどを値上げする予定だ。
値上げをどう感じるかは、人それぞれだ。
全く買わない商品なら何とも思わないし、給料が10%上がろうが関係ない。
企業が利益を上げるために値上げをし、それを従業員の賃金に反映させるのは仕方がないことかもしれない。
しかし、それでも賃金が上がらない低所得者は苦しむことになる。私も含めてだ。
それでも、物価が2倍、場合によっては50%も上昇した諸外国に比べれば、はるかにましである。
とにかく、大国が行う戦争は影響が大きいのです。
ミンティア、お前もか。
私は、マスクをして仕事をすると口の中に違和感を覚えるので、シャツの胸ポケットにミンティアを2個常備しています。
1日1箱くらいは消費していると思います。特に夏の暑い時期には重宝するので、ミンティアは欠かせない存在です。
たかが10円、されど10円。
消費税率8%の時代に、10%の値上げは懐にとても痛い気がします。
日銀の異常な金融緩和は10年目に突入した。
金利差による円安が加速し、コストプッシュ型のインフレがさらに家計を圧迫する可能性がある。
日銀の異次元金融緩和がどの程度目的を達成したのか、きちんと評価する必要がある。