社労士の不合格後、再受験に向けての対策方法は?モチベーションはどうするの?

ここでは、社労士の本試験後の過ごし方について書きたいと思います。
まず、本試験後は、各資格学校などの試験機関が公表している解答をもとに、自己採点をすることをお勧めします。
興味のある方のみ、本試験の合否診断に申し込んだり、分析会に参加したりすることができます。
自己採点をすることで、自分の過去を客観的に振り返り、今後の方向性を検討することができます。
この自己採点を終えて、本試験の翌日からすでに来年を見据えている受験生もいるかもしれません。
そのような生徒を取り込むために、各校では対策講座の早期申し込み特典を用意しています。
自己採点の結果、不合格だった場合はどうすればいいのでしょうか?
その場合は、すぐに次年度の入試の準備をしなければなりません。
このような場合、「すぐに来年の本試験の問題くらいは復習しておこう」と思いがちです。
本試験直後はまだ神経が高ぶっており、悔しさをバネにしようという動機が衝動的に働くのです。
しかし、ここは落ち着きましょう。
まだ本試験問題の解答・解説集が発売されていない段階で、すぐに勉強を再開する必要はありません。
勉強を再開する前に、まずは頭を試験脳から完全に切り替えて、試験当日まで取っておいたこと(趣味など)をする時間を作りましょう。
そして、それらのことをしながら、上記のようなこれまでの自分、これからの自分を振り返ってみることが大切です。
具体的には、自己分析の結果を踏まえて、試験日までの勉強の取り組みを振り返り、再受験をするかどうかを十二分に検討することです。
つまり、この合格マニュアルの第1章(社会福祉士試験の本質)の各項目に立ち返って、再考してみることです。
例えば、10月から始まる資格学校の講座まで待って、もう一度受験勉強を始めれば、次の試験には間に合います。
一番いけないのは、失敗を確信した後、悔しいという感情の衝動に従って、間隔を空けずにすぐに次の試験勉強を始めることです。
厳しいことを言うようですが、結果的に失敗したのには、何らかの理由があるはずです。
勉強方法、使用教材、学校選び、講師、学習姿勢、メンタル管理、体調、時間管理、学習計画、仕事との兼ね合い、突然のトラブル、など。
このうち、どの点を反省すべきでしょうか。
これらの点を冷静に反省せず、結果として合格できなかった「過去の自分」の延長線上の判断だけで、早々に勉強を始めても、翌年の受験で劇的な変化は期待できないでしょう。
社労士の試験は、通信講座の活用が必須だと思っています。
下のページでは、現役社労士がおすすめする社労士通信講座を徹底比較しているので、社労士通信講座選びを迷っているかたにはかなり参考になると思います。
社労士通信講座比較しおすすめ紹介
ぜひ、来年度は良い結果が得られるように祈っております。