韓国エンタメ市場の拡大に伴うエンターテイメントの多様性について

K-POP市場の拡大に伴い、アルバムのフォーマットも多様化しています。
通常のCDに加え、ジュエルケース盤を用意したり、アナログレコードを発売するアーティストも増えている。
一方、CDやLPといった物理的なフォーマットを持たずにアルバムをリリースするアーティストもいる。
デジタルとアナログが混在しながらも、K-POP市場について迫りたいと思います。
音楽関係者によると、最近、K-POPアーティストが2~3種類のジュエルケースで新譜をリリースしている。
1990年代から2000年代にかけては、CDをこのケースに収納するのが一般的だったが、2010年からアルバムにはフォトブック、フォトカード、ポップアップカード、ポスターなど様々なアクセサリーが同梱され、ジュエリーケースは見られなくなった。
大人気男性グループであるNCTは、昨年12月に3枚目のフルアルバムである『Universe』をリリースした。
このアルバムではフォトブック付きの通常盤に加え、ジュエルケース付きのスペシャルエディションも発売されました。
先月発売された4thミニアルバム『Midnight Guest』は、通常盤2種類と、メンバーの人数と同じ9種類のジュエルケース仕様が用意された。
ジュエルケース版は、CD、ブックレット、フォトカードという比較的シンプルな構成で、ジャケットはメンバー1人しか描かれていないことが多い。これが、ファンの「推しメンのジュエルケースを手に入れたい」という気持ちを刺激する。
価格も通常版の約半額の1万ウォン台前半(約960円)となっており、10代、20代のファンにも買いやすくなっています。
一方、数年前から若い世代を中心に広がっているレトロブームを受けて、アナログレコードの発売も増加傾向にある。
エンターテイメントの世界が多様化するのは良いですね。ただし詐欺なども横行しそうな雰囲気もあるので注意が必要です。
韓国のエンターテイメントと言えば、韓国ドラマも挙げられます。
次々に面白い作品がリリースされるので最高ですよね!
こちらのサイトでは、おすすめの韓国ドラマやアジアドラマをご紹介しているので、是非チェックしてみてください。
面白い韓国ドラマ