社労士の不合格後、再受験に向けての対策方法は?モチベーションはどうするの?

ここでは、社労士の本試験後の過ごし方について書きたいと思います。
まず、本試験後は、各資格学校などの試験機関が公表している解答をもとに、自己採点をすることをお勧めします。
興味のある方のみ、本試験の合否診断に申し込んだり、分析会に参加したりすることができます。
自己採点をすることで、自分の過去を客観的に振り返り、今後の方向性を検討することができます。
この自己採点を終えて、本試験の翌日からすでに来年を見据えている受験生もいるかもしれません。
そのような生徒を取り込むために、各校では対策講座の早期申し込み特典を用意しています。
自己採点の結果、不合格だった場合はどうすればいいのでしょうか?
その場合は、すぐに次年度の入試の準備をしなければなりません。
このような場合、「すぐに来年の本試験の問題くらいは復習しておこう」と思いがちです。
本試験直後はまだ神経が高ぶっており、悔しさをバネにしようという動機が衝動的に働くのです。
しかし、ここは落ち着きましょう。
まだ本試験問題の解答・解説集が発売されていない段階で、すぐに勉強を再開する必要はありません。
勉強を再開する前に、まずは頭を試験脳から完全に切り替えて、試験当日まで取っておいたこと(趣味など)をする時間を作りましょう。
そして、それらのことをしながら、上記のようなこれまでの自分、これからの自分を振り返ってみることが大切です。
具体的には、自己分析の結果を踏まえて、試験日までの勉強の取り組みを振り返り、再受験をするかどうかを十二分に検討することです。
つまり、この合格マニュアルの第1章(社会福祉士試験の本質)の各項目に立ち返って、再考してみることです。
例えば、10月から始まる資格学校の講座まで待って、もう一度受験勉強を始めれば、次の試験には間に合います。
一番いけないのは、失敗を確信した後、悔しいという感情の衝動に従って、間隔を空けずにすぐに次の試験勉強を始めることです。
厳しいことを言うようですが、結果的に失敗したのには、何らかの理由があるはずです。
勉強方法、使用教材、学校選び、講師、学習姿勢、メンタル管理、体調、時間管理、学習計画、仕事との兼ね合い、突然のトラブル、など。
このうち、どの点を反省すべきでしょうか。
これらの点を冷静に反省せず、結果として合格できなかった「過去の自分」の延長線上の判断だけで、早々に勉強を始めても、翌年の受験で劇的な変化は期待できないでしょう。
社労士の試験は、通信講座の活用が必須だと思っています。
下のページでは、現役社労士がおすすめする社労士通信講座を徹底比較しているので、社労士通信講座選びを迷っているかたにはかなり参考になると思います。
社労士通信講座比較しおすすめ紹介
ぜひ、来年度は良い結果が得られるように祈っております。

鉄フライパンを使ってみた感想2

鉄フライパンを使ってみた感想の続きである。
あと、鉄フライパンを使ってみて驚いたのが、野菜炒めなどがシャキッと仕上がることである。
テフロンフライパンを使っていたころは、何というかベシャッと仕上がっていたことを考えれば、美味しさも見た目も天と地の差だ。
それに鉄フライパンを使うことで、鉄分も同時に取ることができるというのだから、一石二鳥である。
それとこれは調理とは関係ないが、鉄フライパンは案外デリケートで、テフロンフライパンに比べて色々と扱いが面倒だということは前回の記事でも書いたが、取り扱いに手間が掛かる分、フライパンに愛着が湧くというのも鉄フライパンならではだ。
鉄フライパンは使えば使うほど色が変わっていくのだが、それも成長だと思えるくらいに可愛くみえてくるのだから不思議なものである。

即日振込のサービスを期待しすぎない方がいい

金利が高いのは当たり前、との偏見に縛られることなく、様々なクレジットカード現金化について比較してみるのはいかがでしょうか。審査の結果や選んだ商品により、なかなかの低金利で借り換えてしまえる状況になることも時々あります。融通の利く審査で応じてくれる、クレジットカード現金化の系列会社一覧表です。他の金融業者がダメだった方でも諦めず、ひとまずご相談ください。異なる業者からの借入の数が多いという人にお勧めしています。TVCMでもおなじみのプロミスは、間違いなくクレジットカード現金化の中では最大規模の企業の一つですが、初回の借り入れと、会員用ポイントサービスに申し込むことを必要条件として受けられる、最大30日間無利息にてキャッシング可能なサービスをしています。概して一流のクレジットカード現金化系ローン会社は、全ての契約手続きが完了してから指定の金融機関の口座に即日の振り込みも可能な「即日振込」のサービスとか、新規で申し込みをされた方には、30日間無利息で借りられるサービスなどを用意し提供しています。よくあるクレジットカード現金化では、無利息で貸し出す期間はやっとのことで1週間程度なのに対し、プロミスで借りれば新規申込時に最大30日もの間、無利息という理想的な条件でお金を貸してもらうことが可能となるわけなのです。総じて、名前の通った会社は信頼して利用できるところが多いのが現状ですが、まだまだこれからのクレジットカード現金化系の会社は、データが少なくて実際の利用者もかなり少ないので、口コミによる情報は重要であるとみなしていいでしょう。普通は、誰もがその名を聞いたことがあるクレジットカード現金化会社の場合は、平均年収額の3分の1を超過する借入残高があると、ローンの審査を何事もなく通るということはありませんし、債務件数が3件を超過しているというケースでもそれは同じです。急ぎでお金が要る人に人気の即日融資に即応したクレジットカード現金化会社なら、融資審査に受かれば、すぐさまお金を借りることができます。即日融資をしてもらえるということは緊急の際には本当に助かります。クレジットカード現金化で欠かすことのできない審査とは、利用者側に一定の収入があるかを知るというよりも、利用者本人に借り受けたお金を支払っていく力があるのかないのかを確認することを目的として審査するのです。ローン会社ごとの金利について、わかりやすく分類されている各クレジットカード現金化業者に関する比較サイトも多くあるので探してみるといいでしょう。金利に関することは重要なポイントなので、十分に比較を試みてください。急いで現金が入用な状況に直面しても、即日融資に対応することも可能なクレジットカード現金化だったら、差し迫った時点で申請しても、問題なく間に合うスピードで、申し込みの手続きを終わらせてしまえます。一週間以内という期限を守って返済を終えれば、何度借り入れしても無利息で利用できるクレジットカード現金化も現れました。返済までの期間は短いですが、間違いなく返済できるという心当たりのある方には、お得で便利な制度ですね。貸し付けてもらう金額の大きさによっても金利は変わるため、選択すべきクレジットカード現金化業者自体も変わるわけです。低金利という点のみこだわり続けても、あなたにふさわしいクレジットカード現金化会社に出会うのは無理でしょう。大部分のクレジットカード現金化業者においてのキャッシングサービスの無利息期間は、一か月程度です。短期間のみ融資をしてもらうのに、無利息でキャッシングできるサービスを有用に使えれば、最も理想的と断定できそうです。即日融資と言えば、申込を行ったその日のうちに即貸付をしてもらう事が可能になるという事です。一番最初にクレジットカード現金化業者で貸付を受ける場合は、もちろん金融機関への申込をすることが必要不可欠になってきます。

ウクライナ戦争「アフガン侵攻の10年間」に匹敵する損害!?

 日米と対峙する東部軍管区の部隊までウクライナに派遣した結果、東部地域の戦力も弱まり、ロシア空軍は日本周辺空域で中国軍に共同飛行を要請するなど、はったりをかけざるを得ないと見られている。極東ロシア軍は日本の安全保障にとって脅威であるが、その戦力は足元でやや低下している。
 ロシア軍は多数の死者を出していることも知られている。欧米の国防関係者の分析によると、開戦からわずか3週間で2,000〜6,000人の兵士が死亡した可能性があるという。通常の戦闘では、死者の3〜4倍の負傷者や捕虜がいるとされるので、この数字に当てはめると、少なくとも1万人近くが戦闘で失われた可能性がある。
 この数字は、ウクライナ兵の死傷者数よりも多いのではないだろうか。侵攻後すぐにシリアなどで傭兵を募集したのも、これらの部隊の深刻な消耗を補うためであった。
 NATOの分析では、ロシア軍の死者数は開戦1カ月で7000~1万5000人に達したという。この数字がどれほど正確かはともかく、最大1万5千人とすれば、1979年末の旧ソ連によるアフガニスタン侵攻時の兵士の死者数に匹敵する。ただし、アフガン侵攻の場合、この数字は1989年に撤退が完了するまでの10年間のものである。それが1カ月で失われるとしたら、ロシア軍の受けたダメージがいかに大きいかがわかるだろう。
■最大の敵であるNATO軍と戦う余裕はない。
 必然的に、兵器の被害も大きくなっている。米国防総省の分析によると、5月末時点でロシア軍は戦車1000両、大砲350基以上、戦闘機30〜40機、ヘリコプター50機などを失ったという。
 一方、ウクライナの被害はどうだろうか。ロシア軍によると、4月16日の時点で、2万3千人以上のウクライナ兵を殺害したという。しかし、ほぼ同時期にウクライナのゼレンスキー大統領は、死亡した兵士の数は2,500〜3,000人であると述べている。その差は10倍近くあるので、どちらが正しくて、どちらが嘘なのか判断がつきません。実際、この2つの数字の中間くらいなのかもしれない。
 しかし、ドンバス地方東部で激しい戦闘が始まった5月、ゼレンスキー大統領は「1日あたり50〜100人の兵士が死んでいる」と発言した。そして6月上旬には、100~200人とも言っていた。実際よりも少ない数を報告している可能性もあるが、仮に200人の兵士が死亡したとすると、約600人の兵士が負傷するなどして戦闘不能となり、ウクライナ側はわずか2~3日で1000人を大きく上回る兵士を失ったことになる。
 いずれにせよ、ロシア軍も最大の敵と想定していたNATO軍との戦闘を前に大きな打撃を受けた。